健康法としての水素水摂取

40代になると友だち同士でも健康に関する話題が多くなってきますよね。今、その中でも体にいい水を飲むことに注目が集まっています。この年齢になるとお酒を飲む機会が多くなったり、不規則時間に食事をすることが多くなったりします。

体の60~70パーセントが水分でできているので、体にいい水を飲めば、体調が良くなるというのは、知識としてはあるけれど、その効果も含め半信半疑なところがありました。それが、最近話題の水素水を飲み始めるようになって、考え方が変わりました。体にいい水、水素水を飲むと確実に体調が良くなると。水素水は体の中のさびを取ってくれる効果があります。

水素サプリは?

suisokenko

サプリメントなどでは、良かれと思って飲み始めてかえって体調を崩してしまうことがあります。

これは、ビタミンなどの過剰摂取が原因です。その点、水素水で、水素を多く取りすぎて体調不良になることはありません。体内にうまく取り入れられなかった水素は、呼気やげっぷなどで体外に出てしまうからです。実際に水素水を飲み始めて一番の効果は、二日酔いにならない、なりにくい点です。

飲み始めるとついつい深酒になってしまうのですが、就寝前に水素水を飲むことに翌朝、かなりすっきり起きれるようになりました。また、肌のつやが以前よりも良くなりました。水素水によって、体の中の細胞が活性化され、代謝機能が活性化されたからだと思います。

巷にはいろいろな健康法が溢れていますが、わたしは水素水を飲む健康法が一番手軽で合っているようです。