テレビなどでよく耳にする水素水の安全性について

最近、テレビやインターネットなどでよく耳にする「水素水」。

水素が世間に知れ渡るにつれて、水素水や水素入浴剤など、水素を含んだ商品がたくさん発売されるようになってきました。

ですが、水素が薬品のように思えて、安全性副作用などを心配している方もいらっしゃるようです。
ここでは、水素の安全性や副作用について、詳しくお話しします。

水素水って本当に安全なの?

水素水の安全性について

現在販売されている水素水のほとんどが、安全で副作用のないものです。
その証拠に水素は、厚生労働省から安全な食品添加物だと認められています。食品添加物は、人体に悪影響を及ぼすことがないか徹底的に検査されたうえで使用を許可されています。

また、認可された後も、国民一人当たりの摂取量などの調査が定期的にとり行われているので、非常に高い安全性が確保されているのです。

水素においても、1995年に認可されたあと、2000年、2004年、2005年、2007年と繰り返し調査が行われ、安全な食品添加物であることを厚生労働省から何度も認められています。

現在、世界中で水素分子の生体への効果についての研究が進められています。2008年11月14日現在で11報の英文論文が高名な国際誌に発表されています。これらの論文は、専門家の審査をへて掲載されたもので信頼性の高い論文ばかりです。
引用 一般の皆様へ – 日本医科大学

水素水って本当に副作用がないの?

水素水の安全性について

水素には、悪玉活性酸素を反応させて、無害な水に変える効果があります。
悪玉活性酸素という物質は、体の細胞を無差別に攻撃して酸化させてしまう、とても有害なものです。

その悪玉活性酸素を無害な水に変えることで、細胞の酸化を防ぐことができます。

もし悪玉活性酸素が全てなくなってしまっても、余った水素は呼吸で吐き出されたり、体を通り抜けて体の外へ出ていくため、副作用がないのです。分子が小さく拡散性の高い水素は、とても安全な物質なのです。

安全でない水素ってあるの?

これまで、水素水は安全だということをお話してきました。ですが、市販の水素水の中には安全とはいい切れないものもあるのです。

その安全とはいい切れないものいうのは、電子分解で作られた水素水のことです。電子分解で作られた水素水には、体に悪影響を与える成分が紛れ込んでいるおそれがあるのです。

ですが、現在販売されている大手メーカーの商品は、高い安全性が保障されているので、体への悪影響を心配する必要はありません。

ホームページを通じて、どのような環境で水素水が作られているのかを見ることができるので、購入する前によく確認してみましょう。

水素水は、体内へ素早く浸透させることができるという点で、非常に優れたものです。皆さんも老化防止や病気予防、エネルギー源として水素水を飲み始めてみませんか?

site

こちらの水素水の効果についてのサイトでは、水素水の効果について安全性を考慮された紹介をしています。参考にしてみてください